呼吸と瞑想・・・

1日の疲れをその日のうちに癒やせていますか?

疲れをそのまま放置していては、心身のコンディションは悪くなる一方です。

疲れは体が弱ってきたことを脳に知らせる黄色信号。

そのメッセージに耳を傾け、対処してあげたいですね。

疲れを癒やすために大事なのは、自分自身の体をいたわる優しい気持ち。

心を開いて内面の声を聞いてあげると、それだけでも体のこわばりがとれ、心がラクになることもあります。

そしてもう一つ、大切にしたいのが深い呼吸。ゆったりと呼吸を繰り返しながら、

ネガティブなほうに傾いてしまった感覚をリセットしましょう。

深い呼吸で心が休まれば、自然と体への感謝の気持ちも深まります。

自分に心から感謝できると、体にどんどんパワーがみなぎり、

もうひと頑張りするための元気がわいてきます。

呼吸と瞑想は、自分に心を開き、活力を取り戻すための

もっとも簡単な方法の一つなのです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう