メンタル💕強くなる?

人には向上心というものがあり、多かれ少なかれ「自分を変えたい」「磨きたい」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

実際、現時点何かを鍛えている方も多くいらっしゃると思います。

もうすぐ梅雨入りし、ムシムシとする季節に入りますが夏に向けて体を鍛えている方もいれば、スキルのために習い事などをして学び鍛えていらっしゃるでしょう。同様に外見や能力だけではない、見えない部分「心」や「メンタル」といった部分を強くしたいと感じている方も少なくないかもしれません。

現代社会は忙しい上に、情報過多、環境汚染などのストレスも多いのです。

性格は生まれつきだから変えられないと考えられる方もいらっしゃいますが、目標を立てて「なぜ心を強くしたいのか」「なぜメンタルが強くなりたいのか」を明確にすることで、意識的にコントロールしたり、改善することが可能です。

なぜなら私もそのように鍛えてきた一人だからです。

スタッフ y.u

感情コントロール~ある女性会員さんの体験談

イルチブレインヨガを始めてから2年の間に、心や体の面で様々な変化を経験したという女性の声を紹介します。

■■ イルチブレインヨガの体験談 ■■

「素直に感謝できる自分に」 女性

イルチブレインヨガのレッスンに参加するようになってから、もうすぐ2年。これまでにいろいろな変化が起きました。

変化の一つは、目の前のことに細やかに対応できるようになったこと。以前は、「やらなきゃいけない」と思ってもなかなか動き出せなかったのが、しっかりと行動に移せるようになりました。

また、つらく感じるような事柄に対して、感情的にならなくなりました。良くない出来事があっても、落ち込むのでなく、それを何かのサインととらえて、むしろ問題を解決するための糸口として活かすことができます。

感謝の気持ちを持てたのも大きいです。身の回りに起こることや周りの人たち、そして自分自身に対して、素直に感謝できます。感情の起伏が少なくなり、楽しく過ごすことができています。

☆      ☆      ☆

<心に変化をもたらすヨガ>

イルチブレインヨガを続けていると、体のゆがみが整えられるだけでなく、だんだんココロも変わっていくという方が多いです。感情の起伏が少なくなり、ココロの動きが穏やかになって安定してくるといった声もよく聞かれます。

そもそも、ヨガの特質の一つは、自分だけでなく周囲の人たちの幸福を素直に願えるようになることです。人を憎む、怒るといった感情がココロの中からだんだんフェイドアウトしていき、喜びがあふれてきます。

ヨガは健康法の枠を超えた幸福創造のプロセスであり、体操をするだけではなく、その考え方や生活様式がバージョンアップすることが、本当のヨガの魅力だといえるでしょう。ぜひイルチブレインヨガで、内面からの変化を体験してください!

♥リラックスタイム♥

好きなアロマオイルなどを使って体を癒してみましょう♪

イルチブレインヨガではファルゴンといい、

指圧やマッサージのように押したりなでたりしながら、

気の流れを整えていきます。ファルゴンには次のような効果があります。

① 血液循環を促進します。
② 緊張した神経や筋肉をほぐします。
③ 内臓機能を改善し、骨格のゆがみを矯正します。
家族やお友だちとお互いにファルゴンをすれば、コミュニケーションがとれて体は楽に元気になり心も癒されます。まずはあなたの身近で実践してみましょう。
♠ ツライ肩こりも簡単にほぐれる!

① ファルゴンを受ける人の手を自分の肩の上にのせます。受ける人の肩の上で両手を組み、肩の筋肉全体をゆっくり3秒間押します。10~20回繰り返します。
② 片手で腕を支え、指で肩の筋肉をほぐします。
③ 片手でひじを持ち、反対の手で肩からひじまで押します。反対側の腕も同様に行います。
♠ 足をゆるめると全身疲労も改善!

① 左手でかかとを支え、右手でつま先を持ち、ゆっくりつま先を倒します。前後に交互に5~10回繰り返します。
② 左手で足首を下から支え、右手でつま先を持ち、円を描くようにつま先を回し、足首をほぐします。左右5~10回繰り返します。反対側の足も同様に行います。
♠ 胃腸もラクになり便秘にも効果的!

① ファルゴンを受ける人はうつ伏せになり、両手を腹部の下に置き、手のひらをお腹にあてます。この姿勢が難しい場合は、両手を楽に伸ばしてうつ伏せになります。
② ファルゴンをする人は両手を受ける人の腰にあて、手首の内側同士を合わせます。
③ ゆっくり力を入れながら押した後、左右に軽く30~40回揺らします。
注:ファルゴンをするときには、受ける方にあわせて無理をせず、イタ気持ちいいくらいで行いましょう。

➹免疫力(続)➹

免疫力を高めるには

1.食生活 添加物や化学調味料の食事は出来るだけ避け、ビタミン・ミネラル・食物繊維などバランスよく積極的に摂りましょう。食事は腸内環境を整えるためにも大切です。

2.身体  毎日運動をして筋肉をつけ、基礎体温をあげましょう。筋肉を鍛えることで体温が上昇し免疫力も高まると言われています。

3.睡眠  夜更かし、寝る前の飲食などは避けて、内臓を休めてあげましょう。自律神経を整えるためにも睡眠の質が重要です。

4.呼吸する

5.よく笑う

6.リラックス

7.瞑想

などの方法があります。

全部変えることが難しい場合は、何か一つ出来そうなことから改善していくといいいのではないでしょうか(*^▽^*)/

腸運動のデトックスで腸内フローラ改善へ

健康関連のキーワードの中でもとりわけ注目度がアップしている「腸」。
体の元気にも、肌にもダイエットにも、腸が深く関わっていることが、最近の研究で明らかになっています。

腸はなぜそこまで大事な器官なのでしょうか?
その理由は、まず、口から摂取した食べ物が分解され、栄養素になったものを吸収するからです。
腸が荒れていると、不要な栄養素や毒素、細菌まで吸収してしまい、便秘や肌荒れ、アレルギーなどを招きます。
また、腸は身体の免疫力の約6割を担っていると言われており、免疫を高めるうえでも重要です。

そんな腸の働きを左右するのが、100兆以上という腸内細菌たち。
イルチブレインヨガの腸運動では、内臓周辺の血流を改善してお腹をポカポカにすることで腸内フローラのバランスを整え、腸を活性化させていきます。
デトックスを促すことにより、ストレスからくる便秘、下痢.消化不良の改善にとどまらず、自律神経にも働きかけメンタル面まで落ち着いてきます。

あなたの便は健康?胃腸を活性化するイルチブレインヨガ

自分の腸がどれだけ健康かは、便を見ればだいたいの見当がつきます。以下の6つのうんちの類型のうち、1の「バナナタイプ」以外の人は、消化不良を起こしている恐れがあります。イルチブレインヨガの腸運動を実践して、胃腸を活性化させましょう。

<6つのうんちのタイプ>

1. バナナタイプ
黄土色を帯びたバナナ型。臭みが少なく、腸の状態が健康であることを示しています。

2.細い乾燥タイプ
形が細く、乾燥している。色は黒か茶系。ダイエット中の若い女性に多く見られます。胃が消化不良を起こしてい
る可能性が高いです。

3.やわらかタイプ
下痢まではいきませんが、泥のような柔らかい状態です。臭いです。大腸が便の水分を十分に吸収できないときに現れます。

4.水しぶきタイプ
下痢。とても臭いです。腸が水分をほとんど吸収できていない状態です。

5.ミックスタイプ
石ころのように固い便と、水しぶきのような便が交互に出てくる状態です。ストレスの影響が考えられます。

6.うさぎ便タイプ
硬くてコロコロの状態。一つ一つが小さく、うさぎのうんこと呼ばれます。便が体の中に長く滞在しているため、水分が奪われています。

イルチブレインヨガの腸運動はこちら↓
http://www.brain-training.jp/archives/1796

低体温の怖さ、原因と改善法 ~続き~

♦症状を改善しよう
~改善には体温上昇の対策が最も重要~
・《食事》温かい食材を中心に摂る
食材は出来るだけ加熱調理したものを食べる。
長時間煮込んだり、高温で炒めたりした料理を積極的に食べる

・《習慣》入浴時に湯船に浸かる
シャワーだけで済ませるのではなく、湯船にきちんと入ることで、全身の血流を良くして全臓器・細胞の新陳代謝を促進して体温を上昇させる

・《習慣》質の良い睡眠をとる
眠るときは部屋を暗くして、7時間は睡眠をとり、体温を上げる

・《漢方薬》処方による体質改善
オウギ・ブシ・朝鮮人参などの漢方薬で陽気不足を改善して、血流やリンパの流れを良くし、体温上昇を促します

・《ストレッチ》かかとの上下運動
両足を少し開いた状態でまっすぐ立ち、かかとの上げ下げをするだけの簡単ストレッチ

・《エクササイズ》筋肉の緊張を保ったままにする「スロトレ」の実施
1)筋肉を収縮させた状態を長く保つことによって血流を制限
2)身体をわざと疲れさせた状態にし、筋肉に乳酸を溜める
3)筋肉を修復させようとして、脳は成長ホルモンの分泌を活性化させる
4)筋肉は強化され、脂肪分解を促進、体温が上昇する

美しい体は骨盤から°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

美BODYは骨盤から

「太ももがパンパンでジーンズが履けない」

「薄着をするとポッコリお腹が目立つ」

「お尻が大きくて洋ナシみたい」…。

女性の体型についての悩みは、様々ですよね。でも、これらの悩みの多くは、「骨盤」と関係しています。

骨盤は上半身を支え、下半身に伝える大事な場所。骨盤が歪んでいると、体全体のバランスが崩れ、筋肉の使い方に偏りが生まれます。すると、めったに使われない筋肉の周辺に脂肪がたまりやすくなり、ボディラインが崩れるのです。また、骨盤がズレていると内臓が圧迫されるため、血流が悪化。代謝がダウンし、太りやすくなります。

つまり、骨盤を整えることがスリムBODYを得るための大きなポイントだということ。イルチブレインヨガのつま先たたきでは、つま先を開いたり閉じたりして左右のつま先どうしをぶつけて「トントン」とするだけのシンプルな動きで、骨盤を整えていきます。

どのようにすればいいの??⇒4/30 のブログに動画がUPされています☆彡

ストレス・むくみ・冷え…お家で簡単な運動

ダイエット、むくみ、アンチエイジングまでこれでOK!つま先トントントン

「自宅であまり動かないからむくみが」「手や足先が冷えて寝付けない」「だんだん太ってきた」なんてことはありませんか?

足や下半身が冷える人は、脚の筋肉が不足している可能性があります。

足は「第二の心臓」と呼ばれ、脚の筋肉は心臓から下半身に流れてきた血液を再び心臓に戻すポンプの役割を担っています。このポンプ作用が機能しないと、血液が滞留し、熱が全身に届かなくなります。

下半身の冷えやむくみは、免疫力の低下のほか、腸など内臓系のトラブルにもつながります。肥満や肌の老化も、下半身の冷えと深く関係しています。

イルチブレインヨガのつま先たたきは、寝ながらでもできる簡単な動作で、脚部全般を刺激し、筋肉を活性化していきます。末端に滞った血液やリンパが押し出され血行が良くなり、冷えやむくみの改善へとつながります。