自分にかけたい言葉がありませんか?②

自分自身に励ましたい言葉があります。

「障害は幸せの種」

障害を恐れないでください。
問題が多い、環境が悪いというのはそれだけ幸せの種が多いという意味です。
障害はそのままなら障害ですが解決すれば幸せになります。

「希望の手紙より」

 

瞑想を深める「中脘呼吸」をはじめませんか。

最近、新型ウイルスの影響で、免疫力を高めることに関心がある方が増えていますね。

生活習慣、食習慣を整えるとともに、心のケアも行っていきたいですね。
ストレスケアにお勧めなのが、呼吸・瞑想です。
しかし、現代を生きる人々の多くが胸が詰まり、中脘が詰まっていると呼吸が深くならず、瞑想もうまくいかないことがあります。

イルチブレインヨガが新たに導入する中脘呼吸では、みぞおちとおへその間にある「中脘(ちゅうかん)」というツボに手をあてて押しながら呼吸します。

中脘呼吸をすると、体の緊張がほぐれて、気血循環がよくなり、自然な呼吸が深くゆっくりできるようになります。

その後瞑想をすると、頭の中を飛び交う様々な考えや感情が静まった状態で自分の置かれた状況やすべきことを偏りなくありのままに、より明確に見ることができます☆

皆様、是非中脘呼吸を体験してみてください。

現在体験会も実施中!

メンタルを強くするには?

あなたはメンタルが強い?弱い?夢を叶える力を得る方法

あなたは自分自身のことを強いと思っていますか?それとも弱いと思っていますか?

どんなに弱い人でも強くなることもあり、誰もが強いと思っているような人でも弱くなることがあります。

「あるもの」に出会えば、強くなり、夢を叶える力が生まれます。

イルチブレインヨガで行っている天門瞑想が新聞記事に掲載!

毎日新聞大阪版 2020年1月25日 夕刊1面にて大阪にある、
つるみ保育園で行われたこども脳教育の授業が、掲載されました。

イルチブレインヨガでも行っている天門瞑想を取り入れており、
集中力が高くなることや自己コントロールができるようになったため、
保育園の園長先生も、子どもたちが落ち着きも出てきて、けんかも減っているとのお話を頂いています。

イルチブレインヨガでは、初心者でもカンタンにできる天門瞑想や
呼吸が深くできるようになる中脘呼吸を行っています。

瞑想を通して、心を落ち着かせるだけでなく、自分のやりたいことを実現化しましょう。

イルチブレインヨガ 京橋スタジオ
電話番号:06-6242-8766

自分にかけたい言葉がありませんか?①

自分自身にかけたい言葉がありませんか?

そのような言葉を紹介していきます。

「私は弱いと思わないで」

世界一惨めな人は
自分のことを弱いと思っている人です。
どんなに弱い人でも
切なる願い、夢やビジョンがあれば強くなります。
「夢のためなら何になってもいい」と
自覚した瞬間に夢を叶える力が生じます。
脳の構造がそうなっているのです。
だから「私は弱い!」または「あの人は強い!」と
安易に決めつけないでください。
弱い人も人生の目標に出会えば強くなり
強かった人も目標を失えば弱くなることもあるのです。

     一指 李承憲 「希望の手紙」より

 

夢と希望がある人生そのうな人生を送りたいですね。

体力管理は1分運動から!

「運動しなきゃ」と思っていても、「時間がないから」とあきらめている人は大勢います。

そこで、その「時間」が、たった1分だとしたらどうでしょう?

1分であれば、いくら忙しい人でも確保できるのではないでしょうか。

仕事でも勉強でも家事でも、ちょっとした息抜きは必要です。

その息抜きをするような感覚で、体を動かすのです。

1時間ごとに1分間、何らかの運動をします。

これを、1日に10回を目標に行いますが、1回から始めても大丈夫です。

運動は、体操でも筋トレでも何でもOK。

これを続けるだけで習慣が変わり、体質が変わります。

脳の働きも良くなります。

1分運動をすると、自分がこの1時間何をしたのか振り返り、次の1時間は何をするのか考えるようになります。

これは、生産性やパフォーマンス、創造性の向上につながります。

時間のマネジメントが上手になり、目標や夢を達成するための自己管理もできるようになります。

たった1分でいいのです。

1時間に1分だけ自分自身に投資しましょう。

1分間、自分の体に集中して内面に新たなエネルギーを吹き込むのです。

お正月食べ過ぎた時は。。

お正月食べ過ぎた方におすすめ簡単エクササイズがあります。

そのエクササイズは「ふりふりエクササイズ」です。

このエクササイズは、体を前後左右に振るだけの簡単な体操、

ウエストや腕などたるみが気になる部分を好きなリズムでふりふりします。

これを毎日続けていくと、体がスリムになっていきます。

ふりふりエクササイズのベースにある考え方は、東洋医学と脳科学です。

東洋医学では、血液や気の流れが体内で滞ることが、体調不良の原因の一つと考えられています。

体をフリフリすることで、脊椎や骨盤のゆがみが改善し、血液や気の流れがスムーズになります。

その結果、代謝が改善され、老廃物もしっかりと流れ、痩せる体質に変わる――とうわけ。

皆様、是非挑戦してみてください。

冷え性対策!体質改善促進!!

最近、「冷え性」の方多いですね。

冷え対策として大事になるのが、体を一時的に温めるのでなく、

冷えにくい体を作ることが大切です。

新鮮な血液がスムーズに全身に届けられていれば、

体質的に冷え症になりにくくなります。

何らかの理由で血流が滞っていると、手足の末端などが冷えやすくなります。

また、女性は男性よりも筋肉が少ないことも理由の一つです。

ここの筋力が弱いと、ポンプとしての仕事が十分にできなくなります。

リラックスも重要です。

私たちの体にはもともと体温を調節する機能が備わっています。

しかし、リラックスできずに体や心が緊張していると、交感神経優位で血行が悪くなり、体を温める力が衰えがちです。

こうした体質面の改善は、サウナのような高温の部屋に閉じこもっただけで達成できるようなものではありません。

体を動かし、血流を整え、呼吸や瞑想などでリラックスすることがポイントです。