☆メンタルを強くする☆

私達は、人生という道を歩んでいます。

その人生の中では当然嬉しいときもあれば悲しいときもあり、

楽しいときもあれば苦しいときもあるのです。

大切なことは、一時的な感情に惑わされず

自分と繋がること。

あなたには夢・希望がありますか?

あなたは自分の事がどのくらいわかりますか?

大抵の人が、自分の事なのによくわからないと言います。

何か問題が起きても周りの人や環境が問題だと思い、どうすればいいか悩みます。

答えはいつも自分の中にあります。

自分を見つめて、深めて本当の自分と出会うとき感動するほどの夢や希望に出会えます。

あなたも本当の自分に出会いませんか?

イルチブレインヨガ京橋スタジオ

 

➹免疫力➹

免疫力が落ちているサインって?

* 食生活:不規則な生活、バランスが偏った食事をする。頻繁な飲酒、食欲不振等

* 生活習慣:運動不足・睡眠不足。シャワーのみや喫煙する方。免疫力が落ちる一因となるようです。

* 身体:体温が低い。頻繁な下痢や便秘、または繰り返されたり、風邪をひきやすいなどの症状

* 社会的:大きくはストレスの解消されない状態(人間関係・意欲がわかない、ゲームやスマホなどの依存等)

忙しい生活の中で、何気なく繰り返されている日々の習慣が実は免疫力を低下させていることも?!

 

次は、免疫力を高める方法をご紹介します。

😱「冷え~」

冷えは、腸内フローラの大敵!

「腸内フローラ」を整えるうえでNGなのが、「冷え」。お腹が冷えると腸の血流が滞り、腸内フローラのバランスが悪化します。

現代の日本人女性の約7割が悩んでいるとされる冷え。冷えは、体質として根付いてしまっている場合が多く、厚着をしたり、お風呂に長めにつかったりといった対処療法では、抜本的な解決につながらない場合も多いです。

冷えは万病の元とも言われ、様々な体調不良をもたらしますが、腸内フローラの悪化も見逃せないネガティブ現象です。お腹が冷えると、腸の働きも鈍くなります。すると、腸内に毒素がたまるようになり、悪玉菌が優勢になっていくのです。

冷えによる腸内フローラ悪化を防ぐのに役立つのが、ダンワールドの「腸運動」。下腹部を膨らませたりへこませたりするだけで、腸の血行が良くなる腸運動は、いつでも、どこでも、空いた時間を使ってできますから、「ちょっと冷えたかな」と思ったときにその場で実践できますよ。

■自分の「便」で腸内フローラをチェック!
とはいえ、中にはお腹が冷えているのに、冷えの自覚がないという人も多いでしょう。そんな方は、おならと便でご自分の腸内環境の状態をチェックすることをオススメします。

おならのニオイがキツくなく、適度な軟らかさの便が出ていれば、腸内環境が良い。逆に、おならのニオイがキツい、下痢や便秘をしている場合は、腸内環境が悪いとされます。

健康寿命のカギを握る「腸内フローラ」

健康寿命のカギを握る「腸内フローラ」って?~無数の菌がつくる“生態系”

「腸内フローラ」をご存じですか?腸内フローラとは、腸の中にある細菌の総称。私たちの健康は、この腸内フローラの状態に大きく左右されると言われ、長寿やダイエットのカギを握るとして注目を集めています。

腸内フローラの「フローラ」とは花畑のこと。私たちの腸には、100兆個もの細菌が生息しており、その種類は1000種以上に及びます。多彩な菌たちが混生し、一つの生態系をつくりだしている姿は、まさに花畑のようであるため、腸内フローラ(別名:腸内細菌叢)と呼ばれています。

さて、腸内フローラを構成する菌には、「善玉」と「悪玉」、そして、どちらにもなる「日和見(ひよりみ)菌」があります。善玉菌が多ければ健康的でいられますが、悪玉菌は、便秘や下痢、肥満や老化、糖尿病など様々な病気を引き起こす原因になります。善玉と悪玉のバランスは、美容やアンチエイジングにとっても重要です。

腸内フローラの環境を整えるには、腸をしっかりと動かしていくことが大切です。ダンワールドの「腸運動」は、お腹を膨らませたりへこませたりして、ダイレクトに腸に働きかけるエクササイズです。

腸運動をすると、腸のぜん動運動が促され、お通じがスムーズに。良い細菌が増え、腸内フローラのバランスが整えられていきます。便秘改善はもちろん、やせやすい体質になるなどのダイエット効果が期待できます。腸運動は、全国のイルチブレインヨガで体験できます。

イルチブレインヨガ京橋スタジオ

肩コリ改善に😊

イルチブレインヨガの「皿まわし」

肩こりにお悩みのアナタに、イルチブレインヨガの「皿まわし」を紹介します。手のひらの上にお皿が乗っているとイメージし、それを落とさないようにして腕を大きく動かす脳トレエクササイズです。肩こり、首こり改善などの効果が期待できます。
イルチブレインヨガの皿まわしは、ボルテックス運動の一種で、腕のほか、首や肩、腰、足などを動かしながら、多様な曲線や渦巻き(ボルテックス)を描きます。それによって、関節のコリがほぐれ、全身のゆがみの改善へとつなげます。
関節は、エネルギーと血液の流れが滞りやすい場所ですが、皿まわしで詰まりをとることで、気血循環がスムーズになります。気血のめぐりが滑らかになれば、筋肉のこわばりも解消され、疲労物質がしっかりと排出されるようになります。
さらに、内臓機能や代謝の向上により脂肪が燃えやすくなるなど、ダイエット・美容の面でも効果が期待できます。また、脳への血液循環も良くなるため、心が平穏になるなどのメンタル面でのプラス作用も起こり得ます。とくに今回紹介する片手での皿まわしは、断絶していた左脳と右脳がつながり、集中力や創造力も高まっていくとされます。
皿まわしエクササイズは、いつでもどこでも気軽にできるというのもメリット。職場での気分転換にも最適です。1日数分でも続ければ、頭と体の柔軟性を大幅に改善できるはず。ぜひお試しください!

<イルチブレインヨガの片手で皿まわし>
① 足を肩幅に開いて右足を前に出し、左手の手のひらを上に向け、腰にのせます。
② 右手を右側に伸ばし、手のひらは上に向け、ひじは軽く曲げます。手に皿を置いているとイメージします。
③ 想像の皿を落とさないように、ゆっくりひじを外へ向けながら曲げ、下腹の高さで内側に半円を描きます。
④ わきの下を通ってS字を描きながら腕を伸ばし、皿を持ったまま、頭の上で大きく回します。手のひらの皿のバランスを維持することに集中し、手の動きを目で追います。
⑤ 3回繰り返し、反対側も同様に行ないます。

腸運動のデトックスで腸内フローラ改善へ

健康関連のキーワードの中でもとりわけ注目度がアップしている「腸」。
体の元気にも、肌にもダイエットにも、腸が深く関わっていることが、最近の研究で明らかになっています。

腸はなぜそこまで大事な器官なのでしょうか?
その理由は、まず、口から摂取した食べ物が分解され、栄養素になったものを吸収するからです。
腸が荒れていると、不要な栄養素や毒素、細菌まで吸収してしまい、便秘や肌荒れ、アレルギーなどを招きます。
また、腸は身体の免疫力の約6割を担っていると言われており、免疫を高めるうえでも重要です。

そんな腸の働きを左右するのが、100兆以上という腸内細菌たち。
イルチブレインヨガの腸運動では、内臓周辺の血流を改善してお腹をポカポカにすることで腸内フローラのバランスを整え、腸を活性化させていきます。
デトックスを促すことにより、ストレスからくる便秘、下痢.消化不良の改善にとどまらず、自律神経にも働きかけメンタル面まで落ち着いてきます。

腸運動、はじめませんか?

多くの女性が悩む便秘ですが、最近では、男性でも便秘がちな人も増えているとか。
男性であれ女性であれ、「便秘くらい気にしない!」と油断していると、より深刻な健康トラブルに発展することもあるため、要注意です。

便秘は腸が弱っている証拠であり、かつ、将来的にも、便秘が続くことで腸内環境がさらに悪化する恐れがあります。
腸には栄養を吸収するという働きのほか、病原菌などから身体を守る働きもあり、免疫細胞が集中しています。
腸内環境の悪化は免疫力ダウンをもたらし、風邪などの感染症だけでなく、生活習慣病のリスク増加にもつながります。

そこで大事なのが、日ごろからの「腸運動」です。
腸運動でデトックスを促し、腸内フローラのバランスを整えることで、腸内に毒素が停滞するのを防ぐことができます。
それによって、大腸から栄養素がしっかりと吸収され、身体機能が活発に働きやすくなります。

腸活性化には、食事や運動など様々な方法がありますが、最も手軽にできる腸活性化の一つが、イルチブレインヨガの腸運動。
腸を動かすことで、内側から熱を発生させて便秘解消へとつなげることができます。

春に向けたデトックスを~「脳と腸のヨガ」

「腸脳相関」(ちょうのうそうかん)という言葉をご存じですか?
これは、腸と脳がお互い密接に関係していて、脳の状態が腸に影響を与えるだけでなく、腸が脳の働きを大きく左右している、という意味です。

腸はかつて、栄養を吸収し、余分なものを排泄するための管に過ぎないと思われていたころもあったようですが、近年は「第2の脳」と呼ばれるほど、重要な器官として認識されています。

たとえば、「幸せホルモン」とも呼ばれ、心に安定を与える神経伝達物質「セロトニン」は、全体の8割が腸に存在しているとされます。
このため、腸内細菌のバランスが崩れると、心や脳のバランスも崩れやすくなるといいます。
メンタルケアの世界でも腸が注目を集めているのは、こうした理由からなのですね。

ダンワールドの腸運動は、腸のデトックスを促し、腸内細菌(腸内フローラ)を整えるためのエクササイズです。
マッサージ、筋トレだけではほぐせない内臓までアプローチしていきますよ!
ストレス解消、ダイエット、冷え改善、腸や内臓が元気につやピカ肌になるなどの効果が期待できます。

PAGE TOP