体験談☆元気な体を取り戻しました!

イルチブレインヨガに出会うまでは、いつも体が疲れ、何もする気が起こりませんでした。ストレスで体重も10キロ以上減りました。冷え性もひどく、便秘や生理不順にも悩まされていました。薬が手放せず、薬がないと不安でしょうがない状態でした。

イルチブレインヨガを始めた最初のころは、トレーニングをちゃんと受けることも出来ず、恥ずかしく、つらかったです。それでも、「何とか変わりたい」「今より良くなりたい」という思いと、スタジオの先生の励ましで、なんとか続けていました。

すると、いつも冷え切っていた体が温かくなり、便秘が改善されていることに気付きました。またしばらく経つと、生理がちゃんとくるじゃありませんか!

薬がないと生きていけなかった自分が、薬を飲まなくてもいい生活を手に入れることができました。ストレスを感じなくなり、体重ももとに戻りました。 元気な体を取り戻すことができたのです! 55歳女性

 

消化不良解消で、5月のだるさを吹き飛ばそう!

こんにちは京橋イルチブレインヨガです
ぽかぽか陽気の春は、昼間から眠気を感じやすく
なります
とくにランチの後は眠さも倍増
仕事もはかどりません
食後の消化不良を改善することで、眠気を解消する
イルチブレインヨガのブレイン体操を紹介します
昼食後に訪れる眠気。
春になると、私たちの体は、暖かい気候に
適応しようとする
生理反応を起こすため、体が疲れやすくなり、
眠気を誘います。
私たちの体は、食事をとると、消化をスムーズに
するために胃腸に血液が集まります。
そのぶん、脳にある血液が少なくなり、脳が疲れて
眠気を起こしやすくなります。
脳は、血液全体の15%を消費し、酸素の20~25%
を使うとされ、
血液不足は脳の働きに大きな影響を与えます。
胃腸の機能が低下していると、食後の脳のだるさや
疲れは、一層大きなものになります。
春は、冬からたまっていた体内の老廃物や毒素を
外に排出する時期。
野菜などの食物繊維を摂取してお通じを良く
するとともに、運動によって血液の流れを
スムーズにして、
代謝やデトックスを活発にすることが大事です。
春の眠気覚ましと消化不良の改善にオススメなのが、
イルチブレインヨガのブレイン体操です。
今回紹介するのは、胃腸の働きを元気にする
「足三里たたき」と、
気血循環を滑らかにする
「両手を組んで上体を倒す」。
どちらもシンプルな体操ですので、
ぜひお試しください
<胃腸機能によいブレイン体操:足三里たたき>
足三里のツボは、ひざの下約10センチのところ
にあり、
昔から「無病長寿のツボ」として知られています。
ここを刺激すると、消化機能を回復するだけでなく、
頭痛、呼吸器疾患、心臓病、鼻炎などの
対策にもなります。
1. 座ってひざを立て、軽くこぶしを握って
両足の足三里のツボ
を100回ほどたたきます。
2. 足を伸ばし、足の付け根からつま先に
向かってなでおろし、
滞っていたエネルギーがつま先から抜けていくの
をイメージします。
消化不良を改善し、眠気をさますイルチブレインヨガのブレイン体操
<気血循環によいブレイン体操:両手を組んで
上体を倒す>
この体操は、かたくなった肩や肩甲骨
、腕の筋肉をリラックスさせ、
滞っているエネルギーを解放します。
肩がほぐれると、
脳をはじめとする全身の気血循環が
スムーズになります。
1.背中の後ろで両手を組み、上体を倒します。
2.肩を前に落としながら、腰を下げます。
3.頭に血がのぼらないように、
頭は少し持ち上げます。
4.上体をゆっくり起こし、3回繰り返します。
消化不良を改善し、眠気をさますイルチブレインヨガのブレイン体操

超かんたんな動きで全身と脳を活性化!

こんにちはイルチブレインヨガ京橋スタジオです
今日はシンプルな動きで体全身がほぐれるというエクササイズをご紹介します
つま先たたきは、左右の足のつま先をお互いにトントンとぶつけあう体操です。
寝ながらでも座りながらでもできます。
一見すると、「これで運動になるの?」と思うほど簡単ですが、実際にやってみると、さまざまな筋肉や関節が刺激されることが分かります。
つま先たたきをするときは、足の付け根の「股関節」から足を回すのがポイントです。
この動きを繰り返すことで、股関節が柔らかくなり、股関節周辺の血流の詰まりがとれ、冷えが解消されます。
だから、つま先たたきを行う時は、つま先よりも股関節の動きに集中しましょう。
また、つま先たたきでは、骨盤や背骨に意識を向けます。
骨盤や背骨は、私たちの体のバランスを整えるカギです。
股関節を柔らかくし、股関節とつながる骨盤との位置関係を調整することで、
背筋がすっと伸びるようになります。
もう一つ見逃せないのが、「脳」との関係です。
私たちの体は、手足の指先から脳までが血管と経絡によって一つにつながっています。
つま先たたきによって足を刺激すれば、足の末端の毛細血管が開き、全身の血流が滑らかになります。
さらに、経絡の通りもスムーズになり、気血循環が改善します。
つま先たたきで直接刺激する足の親指は、脳のツボが集中しているとされます。
ここをコンコンたたくことで、「大脳」や「脳幹」の働きが活発になります。
また、睡眠を促す脳内ホルモンの「メラトニン」の分泌も増えると言われています。
つま先たたきの方法
つま先たたきでは、まず、あおむけになるか、床に脚を伸ばして座ります。
その体勢で、つま先を両側に開いたり、閉じたりします。閉じるときは、足の親指どうしがぶつかります。開いたときは、小指が床につくようにします。
つま先が刺激されると、意識が下半身に向かい、上半身にたまった気運が下のほうに流れます。さらに、体の末端にある毛細血管が拡張されるため、血液のめぐりが良くなる効果が期待できます。
また、ゆるんだ股関節(こかんせつ)が引き締まり、骨盤の歪みが矯正されることで、姿勢が正しくなります。熟睡を促すのにも効果的です。
つま先たたき
つま先たたきのやり方
1.足をのばし、かかとをつけます。
2.つま先を両側に開いたり、閉じたりします。
是非、お試しくださいね

 

これは必見!!

ニュースポータルサイト 「グッドブレインニュース」 がオープン

 

good brain news サイトはグッドニュースがグッドブレインをつくるというBOS法則を基に、

様々なグッドニュースはもちろん、国内外の教育、健康、地球・環境、社会・文化全般に渡る

グッドニュースを発信するニュースポータルサイトです。

 

クリック►  http://good-brain-news.com/

ちょっと興味のある内容が

載っているかも…覗いて見て下さい

自分の中の「感覚」が目覚める!イルチブレインヨガのウォーキング

イルチブレインヨガのウォーキングを実践すると、自分の中のリズムがよみがえり、感覚が目覚め、創造的なアイデアが湧いてきます。

多忙なビジネスパーソンは、どうしても運動不足になりがち。「何かエクササイズをしなきゃ」と思っても、日々のスケジュールに追われてきっかけが掴めない、始めてもすぐ挫折してしまう、という人が多いようです。

そんな人たちでも気軽にできる運動があります。それが「ウォーキング」。通勤、通学、買い物のときなど、だれでも歩く機会はあるはず。それをウォーキングというエクササイズの時間に変えてしまえばいいのです。

イルチブレインヨガでは、「ジャンセンウォーキング」という独自のウォーキングを提唱しています。自分の体を意識しながら歩くウォーキングで、カロリー消費量が通常のウォーキングの3倍以上と言われています。

ジャンセンウォーキングの基本はとってもシンプル。正面を見据えて、腰をまっすぐ伸ばし、堂々と元気よく歩くということです。歩くという動作は、足だけで行うものではありません。一歩でも動くときは、股関節、腰、肩、腕など、全身が一緒になって歩調を合わせなければなりません。

ジャンセンウォーキングでは、足の裏の「湧泉」(ゆうせん)というツボから、頭のてっぺんにある「百会」(ひゃくえ)まで、一直線になっていると想像しながら、歩きます。体内のエネルギーを一つに合わせて歩くと、ある瞬間、体にリズムができていることに気づくはずです。

その体のリズムに乗って歩きながら、自分の体や心を眺めると、内面の平和が感じられ、感情から抜け出し、より客観的な目で望ましい判断を下すことができます。みなさんもイルチブレインヨガのジャンセンウォーキングで健康的なハッピーライフを送りましょう!

「自分を変えたい!」という方、必見☆イルチブレインヨガ教室の体験談

イルチブレインヨガの目的の一つが、脳を活性化させ、人生を明るく豊かにすることです。全国のイルチブレインヨガ教室では、老若男女の会員さんたちが、笑顔いっぱいにトレーニングに励んでいます。今日は、神奈川県のT・Mさん(30代女性)の体験談をご紹介します。イルチブレインヨガに入会して1年。ストレスに満ちていた生活が一転し、明るく前向きな日々を送ってらっしゃるそうです。

体験談「ストレスを上手に解消できるようになった」
(神奈川県 T・Mさん 30代女性)

ヨガには以前から興味があったのですが、イルチブレインヨガは「脳」「体」「心」の3つの観点から考えられたトレーニング法だと知り、『これなら自分を変えることができるかも!』と思いました。当時、私はいつも不安やイライラを抱え、精神的に疲れ切っていました。

まず、「呼吸・瞑想」の体験レッスンに参加しました。レッスンを通して、自分で思っていた以上にストレスがたまっていたことに気付きました。教室で深い呼吸や瞑想をしていると、自分が癒されていくのが実感でき、入会を決めました。

現在、会員になってから1年が経とうとしています。いまでは感情をしっかりとコントロールできるようになりました。ストレスを感じても上手に解消できます。「やればできる」という前向きな気持ちが生まれ、人生の可能性が大きく広がったと感じています。

TVでも紹介されました!腸運動で便秘解消しよう

体の健康には、下腹にある丹田が強くなることが必要です。下腹が冷たくなると胃腸の調子が悪くなります。腸が硬くなり、下腹を触ると痛みを感じることもあります。また便秘になったり、手足が冷えたりします。丹田を強化すると、エネルギーのバランスが取れ、体が軽くなり、自然治癒力も高まります。また、集中力と忍耐力がアップし、仕事がはかどるようになります。

1. 少し圧力を感じるほど下腹を膨らませます。

2. お腹が背中にあたる感じでへこませます。

3. 呼吸は楽に自然にします。

4. 動作を終えたら時計回りにやさしくお腹をなでます。

【ポイント】呼吸と関係なく下腹を膨らませたりへこませたりしながら腸を動かします。
姿勢は座っても立ってもかまいません。

【効果】腸運動をすると下腹が暖かくなり、頭がスッキリします。

出典:ブレインメディア

腸年齢を若返らせ、自然治癒力アップへ


突然ですが、あなたの腸年齢は何歳だと思いますか?
さまざまなストレスにさらされる現代社会では、腸年齢と実年齢に大きな差がある人が増えているとされます。
腸年齢の速すぎる老化は、健康と美容にとって断じてNG!
腸の若さは肌や体型などの「見た目」よりも、腸年齢は大切といえます。

腸年齢とは、一言で言えば、腸内フローラのバランスの状態。
一般的に、健康な人の腸内細菌は20%が善玉菌、10%が悪玉菌、70%が日和見菌とされますが、加齢とともにこのバランスが崩れて、悪玉菌の割合が高くなっていく傾向があります。
いくつになっても健康な人は、腸内がとてもキレイで、善玉菌と悪玉菌の比率も理想的だといいます。

腸内フローラのバランスを整えるうえでぴったりのエクササイズがダンワールドの腸運動です。
腸運動は、ヒーリングモードをオンにして自然治癒力を高める「ナチュラルヨガ」として知られるイルチブレインヨガの代表的なメニュー。
動作がシンプルなので、どなたでも簡単にマスターすることができます。

イルチブレインヨガ京橋スタジオでは、腸を元気にして自然治癒力をアップするナチュラルヨガを体験いただきます。

☆★☆ 腸トレーニングで 腸~!健康レッスン ☆★☆
開催日時:4月13・23・30日 13:00~14:30
開催場所:イルチブレインヨガ京橋スタジオ(大阪市都島区東野田2-9-23晃進ビル3階A室)
参加費:1,000円
問合せ:06-6242-8766 イルチブレインヨガ京橋スタジオ

腸内細菌を整えて自然治癒力アップ!


入学や進級、転勤、部署異動など、環境の変化からストレスが増しやすい春になりました。

転居や新生活への対応などによる負担が増えたり、決算期末に向けていつも以上のプレッシャーを感じたりして、ストレスを抱えやすい時期です。

ストレスを過剰に抱えると、体内にある「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」という免疫細胞の働きが低下して、体調を崩しやすくなることが分かっています。

健康管理をしっかりとしているはずの受験生が試験前に体調を崩すことが多いのは、プレッシャーや不安でストレスが増加し、NK細胞の働きが低下するためだと考えられます。

免疫の活性化のカギを握るのは、腸です。

NK細胞に代表される免疫細胞の7割は腸に存在しているとされます。

腸にいる細菌は日ごろから免疫細胞を鍛え、パワーアップを促してくれています。

つまり、免疫細胞が元気に暮らしているのは、腸内細菌のおかげなのです。
このため、腸内細菌のバランスを整えることが、免疫力のアップに直結します。

イルチブレインヨガでは、腸内細菌の集まりである腸内フローラを活性化することで、免疫力を高めるエクササイズを実践しています。

イルチブレインヨガ京橋スタジオでは、腸を元気にして自然治癒力をアップするナチュラルヨガを体験いただきます。

☆★☆ 腸トレーニングで 腸~!健康レッスン ☆★☆
開催日時:4月13・23・30日 13:00~14:30
開催場所:イルチブレインヨガ京橋スタジオ(大阪市都島区東野田2-9-23晃進ビル3階A室)
参加費:1,000円
問合せ:06-6242-8766 イルチブレインヨガ京橋スタジオ

 

腸内フローラと「メンタル」

腸内フローラからメンタルを癒す

いつまでも若々しく、元気いっぱいに過ごしたいですよね。
健康のカギは、腸が握っていると言っても過言ではありません。腸環境を意味する腸内フローラのバランスを良くし、腸年齢を若返らせて元気に過ごしたいものです。

■「腸内フローラ」驚きの機能とは
重さ1.5キロにもなると言われる腸内細菌の内容を表す「腸内フローラ」。その機能は、肉体面のみならず、精神面にも働いていると言われ、世界中から注目されています。
カナダのマクスター大学のマウス実験では、腸内フローラがマウスの性格や行動に影響していることが判明。「心」「脳」にも影響を与えていることがわかり、人間のうつなどの精神病の改善も期待され、研究が進められています。

■腸を元気に、心も元気に
よくストレスからくる便秘や下痢、胃腸の不調を訴える人がいます。それは、精神面が胃腸にも影響を及ぼしているから。腸は「第二の脳」といわれており、私たちのメンタルの状態にも深くかかわっています。つまり、腸を良くすることで、精神面が楽になるのです。

■腸ケアでリラックスしよう
「腸運動」で心地よく腸を刺激することで、自律神経に働きかけて副交感神経を優位に持っていきます。すると気持ちが落ち着いていき、だんだんとリラックスの状態になり、ストレスが解消されていくのを感じるはずです。体だけではなく、心や脳までリラックス&リフレッシュ。癒し効果を実感してください!

PAGE TOP