「瞑想と内観」で、巧みに感情コントロール

今日は、感情コントロールが上手にできるようになる「瞑想」「内観」のトレーニングを紹介したいと思います。

私たちが病気になるときは、事前に体が何らかのサインを送っている場合が多いです。

「ちょっと最近、ムリしすぎているよ」「ストレスがたまっているよ」。

気付いていない場合もありますが、そんなサインを大抵は送っているはずです

しかし、多忙な現代社会を生きる私たちは、そうしたサインになかなか気づきません。

病気になってから初めて「無理をしていたのだ」と気付き、病院に行くはめになるのです。

普段から自分のカラダを見つめ、しっかりと交流を図っていれば、体調の管理もできるようになります。

その方法の一つが、「内観」と「瞑想」です。

自分の体の内側を見つめることで、カラダの声に耳を傾けていきます。

瞑想と内観を実践すると、感情のコントロールが上手にできるようになります。

自分を客観的に見ることで、悲しみ、怒り、憎しみといったマイナスの感情に流されにくくなり、より力強く毎日を生きることができるようになります。

脳の中の情報を肯定的に処理できるようになれば、世の中を見る視野が広がり、人間関係も改善します。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう